KURAGE online | ビジネス の情報

KURAGE online | ビジネス の情報

「 コロナ禍 」 の情報 

川崎市予算案 税収3年ぶり増加 一般会計は最多8785億円 不交付団体に復帰

川崎市は七日、二〇二二年度の当初予算案を発表した。一般会計は前年度比7%増の八千七百八十五億円となり、八年連続で過去最多を更新した。市税収入も同6・3%増の三千六百七十一億円と過去最多。コロナ禍でも堅調だった企業の設備投資や口増を背景に、三年ぶりの...

川崎市 新年度は再び地方交付税「不交付団体」へ

川崎市が発表した予算案によりますと、コロナ禍でも業績を上げている業種があることなどから新年度は、市民税の収入が回復するほか、企業の設備投資などによる固定資産税も堅調に推移するとみられ、市税収入は、過去最高となる3671億円が計上されています。...

ECC子ども向け英会話教室 個人事業主の講師ら労働組合結成

大阪・北区に本社がある英会話学校大手の「ECC」で、子ども向けの英会話教室を運営する個事業主の講師らが、コロナ禍をきっかけに教室運営をめぐって、会社に対応や責任のあり方を明確にしてほしいと新たに労働組合を結成しました。 ECCジュニアの英会話教室を...

プリンスホテル30施設をシンガポール系ファンドに1500億円で売却調整…西武HD

西武HDは5日、読売新聞の取材に「現時点では何も決まっていない」と回答した。 コロナ禍による訪日外国客の激減や観光自粛を受け、

アウトランダー&ノート「電動4駆」のスゴみ!

なるほど、けっこうすごい。 三菱の新型「アウトランダーPHEV」をオフロード専用コースで、また日産「ノート/オーラ e-POWER 4WD」を氷上で、それぞれ思い切り走らせてみての実感だ。 両モデルの走りのポテンシャルの高さは、コロナ禍でのメディア向けオンライン技術説明...

セブン&アイ、そごう・西武売却含め検討「あらゆる可能性排除せず」

セブン&アイは現在、複数の投資ファンドや事業会社をそごう・西武の売却先として検討しており、2月中に選定を始める考えだ。コンビニのセブン―イレブン・ジャパンが利益の大半を稼ぐ一方、インターネット通販の普及やコロナ禍の影響で、そごう・西武は業績不振が続いている...

コロナ禍で需要減の牛乳、生産量0・8%増の見通し…需給ギャップ広がる可能性

国内の生乳生産者らでつくるJミルクは、2022年度の生乳生産量が前年度比0・8%増の771万トンになる見通しだと発表した。増産すれば4年連続となる。コロナ禍で乳製品の需要が落ち込む一方、乳搾りをしないと牛が病気になるため生産調整が難しい。...

ミニストップ 韓国のコンビニ事業を現地のロッテに売却へ

コンビニチェーンの「ミニストップ」は、韓国のコンビニ事業を現地のロッテにおよそ300億円で売却すると発表しました。販売競争の激化やコロナ禍で業績が低迷している主力の国内事業などに経営資源を集中させる方針です。 続きを読む. 発表によりますとミニストップは、...

昨年のコンビニ売上高1・1%増、2年ぶりにプラス…「巣ごもり」まとめ買いが堅調

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した2021年の全国コンビニエンスストアの売上高は、全店ベースで前年比1・1%増の10兆7816億円で、2年ぶりにプラスに転じた。 セブンイレブン. コロナ禍による外出自粛に加え、スーパーなどの他業態との競争が...

昨年の貿易収支、2年ぶり赤字1兆4722億円…原油高騰で輸入額膨らむ

財務省が20日発表した2021年の貿易統計(速報)によると、全体の輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は、1兆4722億円の赤字だった。赤字は2年ぶり。コロナ禍で世界経済が停滞した前年の反動で輸出入ともに過去2番目の高水準となったが、原油価格の高騰で...

Copyright© KURAGE online | ビジネス の情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.