KURAGE online | ビジネス の情報

KURAGE online | ビジネス の情報

「 接種 」 の情報 

3回目接種対象の95%、計9500万回分を4月上旬までに配送…堀内ワクチン相

接種前倒しの結果、4月末までに約8063万が接種対象となる。政府は、これを上回る数のワクチンを配送し、円滑な接種を進めたい考えだ。ただ、昨年12月の接種対象者が約876万なのに対し、今月14日公表時点の接種完了者は約112万で、接種の加速が課題となっ...

ブースター接種繰り返し、免疫系に悪影響の恐れ

欧州連合(EU)の医薬品規制当局は11日、新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種を頻繁に行うと免疫系に悪影響を及ぼす恐れがあると警告した。 欧州医薬品庁(EMA)は、4カ月ごとのブースター接種を繰り返すと最終的に免疫力が低下する可能性があると指摘...

シンガポール、3回接種を標準に ワクチン普及狙う

シンガポール=谷繭子】シンガポール政府は5日、新型コロナウイルスワクチンについて、3回の接種を標準とする新方針を発表した。2回目を受けてから9カ月以内に追加接種(ブースター接種)を受けなければ、「ワクチン接種済み」とは見なされなくなる。...

ワクチン3回目接種が本格化へ 円滑な接種どう進めるかが課題

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種がことしから本格化します。 新たな変異ウイルス、オミクロン株への対策で、自治体では接種を前倒しする動きが広がる一方、ワクチンの供給が限られる中でどう接種を円滑に進めていくかが課題です。 3回目のワクチン接種は、...

政府のワクチン接種証明アプリきょう運用スタート

政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明するスマートフォン向けのアプリの運用をきょうから始めました。 このアプリは、スマートフォンでマイナンバーカードを読み取り、暗証番号を入力すると、ワクチン接種の回数や打った日が登録され、スマホで表示できるよう...

コロナワクチン接種アプリ 20日から運用開始

デジタル庁は新型コロナへの対応でもデジタル化を進めることで利便性の向上につなげたいとしています。 このアプリは、新型コロナワクチンの接種を済ませたがマイナンバーカードを使ってスマートフォンであらかじめ接種日やワクチンの種類を登録し、いつでも表示できるよう...

「接種証明アプリ」入力ミス続々、誤った内容が表示される恐れ…政府版きょう稼働

新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する政府のスマートフォン向けアプリの運用が20日に始まる。ただ、証明を発行する接種記録システムに登録された情報に誤りや漏れが相次ぎ判明。修正が済んでいない自治体もあり、デジタル庁は、誤った内容の証明が表示される可能...

新型コロナワクチン “3回目接種”めぐる国内外の対応は(2021/10/17)

新型コロナウイルスワクチンについて、2回の接種を終えた高齢者で90%、全口でも3に2ほどとなっていて、岸田総理大臣は、11月の早い時期に2回のワクチン接種の完了を目指すとしています。 その一方で、接種が早い時期に進んだアメリカなどでは時間の経過...

むつ市 青森県民対象に宿泊割引キャンペーン実施へ

むつ市では、新型コロナワクチンの2回の接種が口の8割に達したことなどから、今月15日から市内の宿泊施設を利用する県民を対象に割引キャンペーンを実施し地域

滋賀県庁で職域接種始まる 来週からの若者向け接種も予約開始

滋賀県庁で、8日から、職員向けの職域接種が始まりました。 来週からは、感染が急増している若者向けの接種も始める予定で、県では接種を加速化させたいとしています

Copyright© KURAGE online | ビジネス の情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.