KURAGE online | ビジネス の情報

KURAGE online | ビジネス の情報

「 トヨタ 」 の情報 

「東京オートサロン」で各社PR こだわりの高性能車披露

トヨタはレースで得た知見を取り入れた小型車「GRMNヤリス」を初めて公開した。ホンダは年内に発売するスポーツカーの試作車「シビック タイプR プロトタイプ」を初披露した。三菱自は試作車「ビジョン ラリーアート コンセプト」を展示した。...

新型ノア/ヴォクシー「オラオラ路線」踏襲の是非

1月7日にホンダが6代目「ステップワゴン」のデザインを発売してからわずか6日後の1月13日、トヨタが4代目となる新型「ノア」「ヴォクシー」を発表・発売した。 新型ステップワゴンが、デザインを公開したのみにとどまるのに対し、ノア/ヴォクシーは発表と同日に発売を...

トヨタ、世界販売首位確実 2年連続、VW上回る 21年

トヨタ自動車の2021年の世界販売台数が2年連続で世界一となったことが12日、確実になった。ライバルのドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が同日発表した21年の世界販売台数は、前年比4・5%減の888万2千台となり、トヨタが1~11月に世界で...

ヤリスが21年の販売首位 トヨタ車で5年ぶり

ヤリスは燃費性能や使い勝手の良さが評価された。ヤリスの台数は派生車種の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)との合計。20年まで4年連続首位だったホンダの軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」は3・6%減の18万8940台で2位に後退した。3位はトヨタの...

<社説>太陽光電池車 究極のエコカー目指せ

トヨタは既に二〇一七年、プリウスPHVに走行用電源として搭載し、世界初のソーラーカーの量産に成功した。ただ当時は、太陽光発電のみでは一日最大六キロしか走れず、普及しなかった。...

ダイハツ社長「25年までに実質100万円台の軽EVを」…30年には全て電動化

ダイハツは、これまでガソリン車の燃費改善に力を入れてきたが、11月に新型HVを発売し、電動化への転換を進めている。奥平氏は軽EVの価格について、「補助金を含めて100万円台でないと買ってもらえない」と述べた。トヨタと電池を中心に部材を共同調達し、低コスト化...

トヨタの決意、日本の未来 豊田章男社長が語る“全方位戦略”とは?

トヨタの「バッテリーEV戦略に関する説明会」では、豊田章男社長がこれまで2030年に年間200万台としていたEVの目標販売台数を350万台に引き上げ、高級車ブランドの「レクサス」は同年までに、欧州、北米、中国市場ではBEV100%にすることを目指す、と語った。...

トヨタ、2工場の稼働を一部停止 約3500台が影響

トヨタ自動車は9日、田原工場(愛知県田原市)とトヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)の稼働を8日から一部停止したと明らかにした。東南アジアからの部品調達が滞ったことに加えて、国内での物流が逼迫している影響を受けた。影響台数は2020年のトヨタの国内生産...

兵庫県 知事公用車に「アルファード」 解約センチュリー後継

兵庫県はリース料が高額だと批判を受けて解約した知事の公用車「センチュリー」の後継について入札の結果、トヨタのミニバン「アルファード」を採用することが決まり新たなリース契約を締結したと明らかにしました。 兵庫県はおととし、知事の公用車に高級...

新型マツダ2ハイブリッド登場!

マツダが欧州市場に投入する新型マツダ2ハイブリッドは、同社初のフルハイブリッド・コンパクトモデルである。 が、ひと目見てわかるように、その中身はトヨタの現行「ヤリス・ハイブリッド」そのものだ。トヨタ自動車の100%子会社であるトヨタ・モーター・ヨーロッパ社...

Copyright© KURAGE online | ビジネス の情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.