KURAGE online | ビジネス の情報

KURAGE online | ビジネス の情報

「 小型車 」 の情報 

「東京オートサロン」で各社PR こだわりの高性能車披露

トヨタはレースで得た知見を取り入れた小型車「GRMNヤリス」を初めて公開した。ホンダは年内に発売するスポーツカーの試作車「シビック タイプR プロトタイプ」を初披露した。三菱自は試作車「ビジョン ラリーアート コンセプト」を展示した。...

スズキが来月工場一時停止、スバルも…世界的な半導体不足で

スズキが小型車「スイフト」や「ソリオ」などを生産する相良工場(静岡県)で、7月に7日間操業を取りやめる方針であることが分かった。軽自動車「スペーシア」や「ハスラー」などを生産している湖西工場(同)も1日と2日の操業を停止する方向だ。...

トヨタ「カローラ」、セダン不況でなぜ売れる?

フォルクスワーゲン(VW)の「ゴルフ」は、初代が誕生した当時から世界の小型車の規範といわれてきた。トヨタの大衆車として1966年に誕生した「カローラ」は、累計販売台数で1997年にVW「タイプ1」(通称ビートル)を抜き、今日も世界での販売...

トヨタ「ヤリス」が最も売れた新車、ホンダ「エヌボックス」4年ぶり首位転落

国内で2020年度に最も売れた新車は、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」で20万2652台だった。ホンダの軽自動車「エヌボックス」は2位の19万7900台で、4年ぶりに首位から転落した。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会...

日産も一部生産停止

日産自動車が国内2カ所の完成車工場の稼働を22日から2日間休止することが18日、明らかになった。13日に東北地方を中心に起きた地震で、日立製作所の子会社が被災し部品供給が滞っているためだ。小型車「ノート」を生産する追浜工場(神奈川県横須賀...

トヨタ、開発組織の担当車種を変更 購買層で分類、市場変化対応

トヨタ自動車は、より顧客ニーズに応じた車種展開を加速させる。小型車、中型車、商用車(CV)と三つある車両開発カンパニー(組織)の担当車種を二月から変更した。これまで主に車両の大きさに応じて開発車種を分類してきたが、客層が近い車種を...

新車販売、トヨタ「圧倒的」はいつまで続くのか

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽協)がまとめた1月の車名別新車販売によると、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が5カ月連続で首位となった。2位にホンダの軽自動車「N―BOX」、3位はスズキの軽「スペーシア」だっ...

世界自動車大手に半導体不足の影響、フォードやフィアットも一時休業

半導体の調達難に伴う生産調整の動きが、世界の主要自動車メーカーに広がっている。 ホンダは、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)の主力小型車「フィット」を中心に日本国内の生産を1月に約4000台減らし、 日産自動車も小型車「ノート」を減産する予定だ。...

ホンダ、半導体不足で減産 国内で月4千台規模

ホンダが世界的な半導体不足を受け、国内で自動車製造の減産に踏み切ることが8日、分かった。鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で生産する小型車「フィット」などを対象に、今月から月4千台程度減らすとみられる。他の自動車メーカーにも影響が広がる可能...

新型「ソリオ」、来月4日発売 室内空間拡大―スズキ

スズキは25日、小型車「ソリオ」(排気量1200cc)を2015年以来約5年ぶりに全面改良し、派生車「ソリオバンディット」(同)とともに12月4日に発売すると発表した。広々とした室内空間が特徴で、二つの新型モデルの価格は158...

Copyright© KURAGE online | ビジネス の情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.